キングダム、アニメで観るか?漫画で読むか?【シーズン1感想】

lifestyle


最近よく名前を聞く『キングダム』。
遅ればせながらNetflixで観てみたので、感想を書いていきたいと思います。
※シーズン1までの内容になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アニメ版ってどうなの?

いざキングダムを観ようとして迷ったことは、アニメで観るか?それとも漫画で読むか?ということ。

僕はもともと漫画が好きで、アニメはそこまで好きではありませんでした。

ただ、漫画で読むとなると全巻購入か漫画喫茶か、ということでどちらにしても時間とお金がかかる。

世間のキングダム熱が高まる中で、手段は選んでいられなくなり、最終的にアニメでキングダムを観始めました。

結論、アニメでもめちゃくちゃ面白いので問題なしです。

キングダムの第一印象

最初の感想は、「画、ヌルヌル動くな…」ということです。

他のアニメにはない、3DCGが使われていました。

これに関しては最初こそ違和感はあったものの、すぐに慣れました。

しばらく観て思ったのは、「あんまり歴史っぽくない」。

というのも、リアルな戦闘描写があまりなく、いわゆる少年漫画でありがちな「精神力で敵を倒す」ような流れが多かったのです。

正直序盤は「観入るほど面白くはなく、かといって切るほどでもない」という感じでした。

たださすが超人気作品、こんなところで終わるはずはありませんでした。

詳しい内容は割愛しますが、魏との戦までは観続けてほしいです。

最高に面白いのはそのあとの趙との戦なのですが、魏戦までみれば自ずと手は進むと思います。

ここから具体的な感想に移っていきたいと思います。

“天下の大将軍”王騎がカッコよすぎる

王騎という、主人公・信の師匠的存在の人物がいます。

初登場時は確実に悪役の風貌で、「身体のでかいたらこ唇のオネエ口調のおっさん」なのですが、その実は「あまりにもカッコいいおっさん」でした。

というのも、もともと昔の秦の大王である昭王の時代に、中華全土に恐れられていた大将軍です。

現在も「秦国の怪鳥」と呼ばれ、中華全土にその名を轟かせています。

時には士気の下がった兵たちを一言で奮い立たせ、時には”武神”と呼ばれる龐煖を力で圧倒し、観ている側は鳥肌立ちっぱなしです。

その”最強描写”が非常に上手く、これもキングダムをおすすめする理由の一つです。

“武神”龐煖(ほうけん)が恐ろしすぎる

最終的に王騎をその手で殺すのが武神と呼ばれる”龐煖”です。

龐煖はいわゆる求道者と呼ばれ、最強の存在になるために一般人はおよそ想像もつかないような鍛錬を繰り返し、武神と呼ばれるようになった人物です。

龐煖は一人で何万の兵を滅ぼすような常軌を逸した力の持ち主で、その目的はただ最強の存在になるためです。

そこで秦の六大将軍にも目をつけ、王騎との因縁も生まれます。

とにかくこの龐煖は怖すぎます。登場シーンの絶望感は半端ないです。

“趙国の宰相”李牧が強すぎる

そんな最強の将軍である王騎を討った謎の策士、それが趙の宰相である”李牧”です。
初登場シーンはあんまり強くなさそうな兄ちゃんとして現れたのですが、後々その素性が明らかになり、戦略においては王騎以上のバケモノとも称される力を発揮します。

個人的にこの若くて謎に満ちてて頭の良すぎる李牧の強さの描写も大好きです。

”弱そうだったやつが実はめちゃくちゃ強い”ってめちゃくちゃロマンありますよね。

話が進むにつれて戦の戦略要素が強くなる

序盤こそ信の主人公補正みたいなシーンが多かったですが、戦が増えるシーズン1の後半から、急激に戦略要素が増えてきます。

状況説明のシミュレーション映像なども増え、戦略みたいなところが好きな人には超オススメです。

また、信も百人将、三百人将と順調に位を上げていくので、小さい軍ならではの戦略も登場して面白いです。

まとめ

まだまだ書き足りないことはありますが、早くシーズン2を観たくてたまらないので今回はここで筆を置こうと思います。

とにかく僕が伝えたいことは、「とりあえずシーズン1の最後までは観てほしい」ということです。どハマり間違いなしです。

また最新話まで追いついたら、深い考察とともにキングダム熱を記事に起こそうと思います。

それでは、この辺で。

Profile
この記事を書いた人
星野減

【物も思考もミニマルに。】「ものを"減"らす」の星野減です|某広告代理店のクリエイター|ミニマリズムと心理学の人|ミニマリストおすすめアイテムやサービスをご紹介|ファッション音楽美容健康その他諸々雑記します|

星野減をフォローする
lifestyle
スポンサーリンク
スポンサーリンク
星野減をフォローする
スポンサーリンク
ミニマルライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました