ズボラ人間ができる限り健康的な食事をしてみた【肌質改善】

lifestyle


こんにちは、星野減です。

今回は「ズボラ人間でもできる健康的な食事」というテーマで書いていこうと思います。

僕はかなりのズボラ人間ですが、最近健康に目覚め「いかにコスパよく健康的な食事をするか」を常に考えています。

ちなみにここでのコストとはお金だけではなく、時間も含めて考えています。

なので自炊よりは高くつきますが、手軽さ・時短・栄養などを総合的に見ると非常に効率的な食事だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝食

僕は朝は「R1ヨーグルト」1本のみです。

もともと人が1日3食を食べ始めたのは江戸時代になってからと言われており、それ以前は1日2色が基本でした。なので本来人間は朝食を抜いても問題ありません。

僕は空腹によって集中力が下がるのが嫌なので、最終的にR1ヨーグルトにたどり着きました。

R1には色々効果があり、僕は特に「腸内環境の改善」「肌トラブルの改善」に着目して毎日飲むようにしています。

また、サクッと1本飲めるので時間のない朝にもぴったりです。

昼食

昼は会社近くのサラダバーにほぼ毎日通っています。

テイクアウトができるので、デスクでも社員食堂でも食べられるので非常に便利です。

昼にサラダを食べる理由として、
・野菜不足の解消
・炭水化物カットにより食後の眠気が抑えられる
があります。

特に人間は炭水化物を摂ると、血糖値が急激に上昇して肥満の原因になったり、その後の下降時に眠気に襲われたりなどデメリットが大きいです。

もちろんエネルギーの元なので過剰にカットするのはよくないですが、昼はある程度抜いても問題ありません。

ちなみに昼に食べるとその後最も眠気がくるのが「カレー」だと言われています。
毎日社食のカレーなどを食べてる方は見直してみてはいかがでしょうか。

夕食

夜は基本的に「大戸屋」で食べています。そう、あの大戸屋です。

僕は自炊はしないと決めているので、夜ごはんの選択肢は「外食」「コンビニ」「スーパーのお惣菜」になります。

その中で最も健康、手軽さのバランスがいいのが大戸屋でした。

スーパーのお惣菜も一見条件を満たしているように思いますが、無数にあるお惣菜からそれぞれの値段・割引などを考えて買い物をするのが面倒でした。

なので僕は大戸屋のメニューをある程度ルーティーン化する方がいいな、と思い至りました。

ちなみに僕がいつも食べているのは以下のメニューです。

・鯖の塩焼き定食
・若鶏の黒酢あん定食
・豆豉炒め定食
・バジルチキンサラダ

できるだけ脂っこいカツ系や、ご飯の量が多い丼系は頼まないようにしています。

特に、本気で野菜を食べたい時はバジルチキン定食がおすすめです。
サラダのボリュームがありますし、チキンでタンパク質が補えます。

もう一点、大戸屋の良いところは、ご飯を白米から五穀米に変更できることです。

五穀米は白米よりもビタミンやミネラル、食物繊維が多く含まれており、健康や美容に効果があると言われています。

間食

最後にもう一点、間食について書いていきます。

僕は仕事中などに小腹が空くことが多いのですが、そんなときは「ナッツ類」や「カカオ70%以上のチョコレート」、「カットフルーツ」を食べています。

ナッツ類は低GI食品と言われており、血糖値が緩やかに上昇する食品です。なので満腹感が持続しますし、なにより健康的です。

また、チョコレートも、ポリフェノールの抗酸化作用で老化を防ぐと言われています。
甘いチョコレートだと糖分が多く太りやすいため、カカオ70%以上のチョコレートをおすすめします。

果物に関しては、糖尿病リスクを減らし、がんや動脈硬化なども抑制してくれるので健康の強い味方です。日本人は果物の摂取量が圧倒的に足りていないので、積極的に食べるようにしています。

まとめ

冒頭にも書いた通り、 決して自炊を極めるほどは安くはありませんが、これを参考にすると「ある程度安く、手軽に、健康的な食事」をすることができます。

僕はこの食生活に変えてから、身体や肌の調子が格段に良くなりました。

食習慣を変えようと考えている方は、まずはこれを参考にしてみてはいかがでしょうか。

また、肌質改善のために僕が試した美容についても、以下の記事で書いているので、よかったら見てみてください。

この記事が良いと思ったら、ツイッターでいいね・RT・コメントしていただけると幸いです。

それではこのへんで。

Profile
この記事を書いた人
星野減

【物も思考もミニマルに。】「ものを"減"らす」の星野減です|某広告代理店のクリエイター|ミニマリズムと心理学の人|ミニマリストおすすめアイテムやサービスをご紹介|ファッション音楽美容健康その他諸々雑記します|

星野減をフォローする
lifestyle
スポンサーリンク
スポンサーリンク
星野減をフォローする
スポンサーリンク
ミニマルライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました