abrAsus(アブラサス)の薄い財布が最高だった件【グッドデザイン賞受賞】

lifestyle


こんにちは。星野減です。

先日、ミニマリスト御用達のabrAsus(アブラサス)の財布を購入しました。

その使い勝手があまりにもよかったので今回ブログに書きたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

abrAsus(アブラサス)とは

まずはアブラサスとその財布について簡単に紹介します。

「ポケットの中での快適さを追求したら、こんなに薄い財布になりました。」をキャッチコピーとするアブラサスは、快適さに繋がる要素を突き詰め、試行錯誤を繰り返し、世界一「薄い」二つ折りの革財布を目指す革財布ブランドです。

ここは「薄い財布」「小さい財布」「薄い長財布」といったシンプルなネーミングの革財布を多く取り扱っています。

その中で今回僕が購入し、非常に満足度の高かった商品は、もっとも人気な「薄い財布」です。

見た目・サイズ

まずは気になる見た目です。

どん!

僕は小さいながらも高級感と洒落た雰囲気のある「choco」というこげ茶色を選びました。

こちらが横から見た図。

見てわかる通り、非常に小さく、薄いです。

一般的な財布はお金を入れると厚みが30mmほどになるのに対し、アブラサスは13mmほどです。

一般的な財布はカードとコインが重なってしまい、それが分厚くなる原因になっています。

しかし、アブラサスはカードとコインがうまく重ならないような構造になっているので、この薄さが実現されているのです。

ちなみに一般的な財布は折りたたむと革が10〜20枚重なりますが、アブラサスだとたったの5枚です。

普通の財布は何も入れてなくてもこんなにかさばるんだから、お金を入れるとそりゃパンパンになるよって話ですね。

一方アブラサスはもうめちゃくちゃコンパクトです。ズボンの後ろポケットに入れても全然余裕があります。

中身・容量

内側はこんな感じになっています。

お札は15枚・カード類は5枚入る設計になっています。
カード関係は最近アプリ対応が増えているので、普通に使っていればこれで十分です。

ちなみに僕がカードポケットに入れてるのはこちらです。

・免許証
・クレジットカード
・交通系ICカード
・ジムの会員カード

また小銭入れはこんな感じになっています。

小銭は15枚入る設計になっています。

ちょっと少ないんじゃないの?と思う方も多そうですが、これは500円玉1枚+100円玉4枚+50円玉1枚+10円玉4枚+5円玉1枚+1円玉4枚の合計15枚、つまり999円ぴったり入るサイズです。

こまめに小銭を出せば、小銭は999円(15枚)を超えることはほぼないのです。

小銭は探すときに苦労しがちですが、アブラサスは浅く設計されているので非常に探しやすく取り出しやすいです。

また、僕がこの財布を買おうと思った決定的な理由がこちらです。

なんと、鍵が入るのです!!!!!!!

おそらく2〜3本は入ると思います。

これはあまりにも有り難かったです。
今までは財布の小銭入れに入れてたのですが、こんなコンパクトな財布でも引き続き財布に入れられるとは・・・ほんとに最高です。

そしてなにより、この商品はグッドデザイン賞を受賞しています。

グッドデザイン賞とは、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する、総合的なデザインの推奨制度です。もう国にも認められちゃってるんですね。

そしてカラーリングは全部で16種類あります。お気に入りの色はきっとあると思います。

以下にAmazonのリンクを貼っておくので、気になった方は見てみてください。

まとめ

ミニマリストとして、正直ここまで満足度の高い商品は今までなかったです。

財布をストレスなくポケットに入れられるようになって、やっと、念願の「手ぶら」を手に入れることができました。皆さんもぜひこの快適さを味わってみてください。

また、カバンを持つ場合でも、最小限の大きさにすることができます。

おすすめの小さいカバン「サコッシュ」についても以下の記事で書いているので、よかったら見てみてください。

この記事が良いと思ったら、Twitterでいいね・RTしていただけると嬉しいです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

Profile
この記事を書いた人
星野減

【物も思考もミニマルに。】「ものを"減"らす」の星野減です|某広告代理店のクリエイター|ミニマリズムと心理学の人|ミニマリストおすすめアイテムやサービスをご紹介|ファッション音楽美容健康その他諸々雑記します|

星野減をフォローする
lifestyle
スポンサーリンク
スポンサーリンク
星野減をフォローする
スポンサーリンク
ミニマルライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました